2017/06/03 00:00




特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金

ミタイ基金は代表理事の藤掛洋子の青年海外協力隊の活動が前身となり、1995年に設立されました。ミタイは男の子、ミタクニャイは女の子という意味のグアラニー語(パラグアイの現地語)です。南米パラグアイ共和国における非日系の農村の人々、特に子どもたちへの支援を行っています。活動内容は学校建設支援やフェアトレードの実践、スラムでの生活改善活動であり、2010年に発足したミタイ基金学生部と連携し、国内外で活動を行っています。

ミタイ基金のフェアトレード
ミタイ基金ではパラグアイの伝統工芸品であるニャンドゥティを作っている現地の女性たちから商品を直接購入し、日本で販売しています。作り手の方から購入する際には、商品の価値を尊重し、作り手の方が正当な利益を得られるような取引をしています。現地には基金のスタッフやインターンが出向き、質の向上のために講習会なども実施しています。購入した商品は、日本でのイベントや bouquet garni をはじめ、インターネットを通じ販売しております。そこで出た利益は学校建設や子どもたちへの奨学金などに充てています。bouquet garni では、ミタイ・ミタクニャイ子ども基金の製品の売り上げの一部を基金に寄付し、継続的な支援を行います。

  • Home
  • About
  • Blog